FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2020年05月22日 (金) | 編集 |
なんかごめんやで。

村上さんが思てるような
しんどい、辛い、苦しい時間を
過ごしてきたわけもなく
安田さんが感じてるような
悲しみを共有できもしないファンで。

私は
7人の時よりも
6人の時よりも
5人の今の関ジャニ∞が

過去最高に好きだと断言できるし

5人になってからずっと
ワクワクとドキドキが止まらんねんなー!

安田さんがギター片手で気ままに口ずさんだり
丸山さんが自分表紙のベーマガ自慢したり
横山さんがヤスに習ってボイトレしてること公にしたり
大倉さんがグループの運営に関わったり
村上さんの歌声がメインで取り上げられたりするのも

きっと2人がいたら
できなかったこと、しなかったこと

安田さんの剥き出しの言動も
村上さんの気の緩んだ言動も
大倉さんの積極的な演出も

きっと2人には
咎められたこと、許されなかったこと

つまり今の自由で風通しのいい
関ジャニ∞の姿は
5人になったからこそのもので。

ほいだら
このワクワクとドキドキもすべて

2人がいないからこそ
もたらされてることやないか!

って結論に至ってしまいますし。おすし。

なんかごめんやで。






スポンサーサイト




2019年12月31日 (火) | 編集 |
さて、
すっっっっっっかり
ご無沙汰してしまってた
このブログですが。

一時は
店じまい時かなとも
考えていました。

少なくとも∞ゴトに対して
アウトプットしないと死んでしまう!
みたいな気持ちにはならないし
来年以降はゆるやかに
グループ活動自体も
落ち着いていくでしょうから。

ただそれでも。
つぶやきだけで思いを
まとめきれなくなるときが
来るんじゃないか

来てほしい

という願いを込めて

なんとか月イチ更新ぐらいは
出来たらいいなぁと。

ご訪問くださってる
少数精鋭のみなさま
毎度本当にありがとうございます。
感謝感激です。
これからは本当忘却の彼方に
放っていただいて大丈夫です。
時にふと
ああ昔こんなん見てた気が…
となる時があったら
覗きにきていただけたら嬉しいです。
そのための
デザイン変更なし、タイトル変更なしなんで。

あまりにも怒涛の日々だった
関ジャニ∞の令和元年。
ここへきて一番忙しい時を更新した
村上さんの仕事ぶり。

もうなにもないやろな!?

と、念を押してもきっと
来年は来年で
まだあるかね!?って
びっくりしてるような気がします。

まぁでも今年も村上さんを見てて
何があっても付いていきたいひとだと
確信が持てたんで
2020年の村上さんを楽しく
見届けたいと思います。

2018年の今日の私へ
なんやかや楽しい1年だったし
村上さんは2019年も
自慢の自担だったよ!


みなさまにとって
私にとって
村上さんが
迷い悩み
あきらめてばかりの毎日を
照らしてくれるあたたかな
光りのような存在でいてくれる
1年であることを願って。

今年もこれにて!









2019年12月29日 (日) | 編集 |
区別と差別
平等と公平

違いを理解、いやわきまえて、かな
いないと世の中
どうにもややこしくなってしまうから
たまに知らない大人もいるけど
まぁ若いファンの多くはわきまえていないので
グループの何を見ていても
しんどいのだろうなと
つくづく思います。

ジャニーズというカテゴリに
興味なく過ごした10-20代を過ぎて
齢50前から自分なりに向き合った結果

最初こそ
端から見るのと中では違うものだな
と感じることも多くありましたが
この2年の関ジャニ∞の激動ぶり
事務所の激変ぶりを目の当たりにした今は
一周回ってやっぱり端からみたとおりの
事務所だなという結論になりました。

何度かこのブログで触れてきた通り
JアイドルはSMAP出現以前は
何もかもおぼつかない若者に
グループを組ませ
その仲間意識とライバル意識を見せることで
ファン心をあおり
ごり押しとバーターで現場を経験させ
一人前になるころには
グループを解散させて独り立ち
次世代のグループにファンを移行させる
またはファンも共に独り立ち(担降り)する
(またうまいことその頃には
グループの人気も下降している)
というのがセオリーで
しかもそのセオリーを
世間もなんとなく把握してるっていう
なかなか稀有な存在だったと思うんです。

SMAPが解散の時期を
逸してしまったために生じた
事務所全体の高年齢化に
一体どう落としどころをみつけるんだろうと
少なからず業界のひとは
高年齢化するグループの持つ視聴率が
軒並み落ちていくのを見て
半ば焦ってたと思うんですが
(そらもうバーター付けないことで
珍重されてたSMAPメンバーが
ドラマにバラエティにとがっつり
絡ませてきたことに困惑以上に
恐怖すら感じてたんじゃないですかね)

それが思いもよらないカタチで
事務所の牙城が崩れてしまい
社長の逝去も重なって
さあどうなるのかと注目したところに
矢継ぎ早に始まった新旧交代劇。
これはまさしく世間が把握してた
あの頃のセオリーそのもので。

そして関ジャニ∞はその
渦中で今まさにぐるぐるしてるわけですから。

でもここへきても
変わらない事務所が悪いとは
私はやっぱり思えないんですよね。
致し方のないことだと思ってしまうんです。

Jのアイドルってやっぱり若者が
ティーンエイジャーに
キラキラした夢を見せる商売であって
その基準から外れてしまったのなら
大人しく暖簾を下ろすべきではと。

ファンも大人しくそれを見届けるべきだろうと。

大倉さんが掲げた
またドームでという言葉。

この宣言を叶えられるのは
本人たちでもファンでもなく
ひとえに事務所の采配だということはもう
少なくとも経験を重ねたファンなら
解っていることだと思うんです。
それこそ端から見れば
20周年をどうにか大阪で
やらせてもらえるかなぁくらいでしょう。
もしくは、リアルに後輩が
5大ドームのチケットを完売できるまで
人気を得ていなかったら…とか。

Jに身を置いて、後輩を排除して
自分らだけ歳食ってもドームまわらせろって、
それはやっぱわがままなんやろうと思います。

ただ、どうですかね。
今回の47ツアーのように
無理を承知で関ジャニ∞に尽力してくれる
スタッフチームが存在してくれているのであれば

とてもとても希望的観測をさせてもらえるなら
不定期でいいのでアルバムを出して
小さなツアーをやる…とか。
その時はファンになりたての頃から疑問だった
ツアー先行型じゃなくアルバム発売後の
ツアー発表でやっていただけたら…
な感じですかね。
いや、希望的すぎるな。
関ジャムが長く業界やアーチストの方に愛されて
今以上の事務所の浸食がなければ
もう音楽的には望まないです(;^ω^)

あとの仕事は5人にしろ個人にしろ
浸食され続けるのは判ってるんで。
5人のは難しくとも個人なら
さらなる高みを目指すしかないんで。
あとは5人がただただ楽しくまた
常に向上心をもって仕事に臨んでいてくれれば
それだけでありがたいことだと思います。

まぁこんな長らく書いて
何が言いたいかというと
これからもアイドル然として
活躍する関ジャニ∞を
後輩抜きで見たいというひとにとっては

今が担降り時ちゃいますか?

っていうススメ、というよりは
後輩との絡みウザいウザい言うてる
ウザいひとたちへの
緩やかな脅し、ですかね( ˘ω˘ )



2019年11月25日 (月) | 編集 |
私はずーっと
関ジャニ∞というグループではなく
村上信五一個人のファンで
6人になった時も5人になった時も
解散すら致し方ないと思っていたし
どこかでそれを望んでもいた。

それを心から謝罪したい。
本当に申し訳ない。

私がグループを好きになれなかった
理由は今でも
ていうか今ここへきてむしろ
解らなくなってしまったけど。

ただ言えることは
7人のままだったらきっとずっと
こんな気持ちにはならなかった。

私は7人の時よりも6人の
6人の時よりも5人の

今の関ジャニ∞がたまらなく好きです。





2019年11月04日 (月) | 編集 |
27時間テレビに対する
いろんな方のつぶやきを見て
(、まぁ相変わらずのなかいさんファンによる
あれそれは置いておいてw)
賛否どちらの意見にも頷けました。
賛のほうはまぁ想定内つっちゃ
おこがましいですけど
自分のフィルターも通してるんで
ここでは言及をあえて避けます。
大々的な村上さん賛歌を読みたい方は
そっとUターンしていただければ(;^ω^)。

否なつぶやきの中で最もなるほどなぁて
思ったのは
「(24時間に対する)アンチ感動で始まった
27時間テレビが感動を売りに
持ってきてどうする」
っていうものでした。

確かに…!


いや私もめっちゃ感動しました。
高校生たちのパワーにも
先生たちの懸命さにも心打たれたし
特別フジ好きだったわけではないですが
老いた自分にとってダンスで綴られる
フジテレビの歴史絵巻は
胸にも涙腺にもクるものがありました。

来すぎて感想に北朝鮮は~
なんてぶっこんでくるたけしさんや
そのあと蛇足のような
ボーリング中継を入れた番組構成に
うっかりイラッてきてしまったんですよね。

でも、それはちゃうかったなぁって。
まぁたけしさんのワードチョイスは
諸々誤ってますけどあそこは
もっかいちゃんとひと笑いさせるのが
正解やったと今になっては思うし
その意図も解るんですが、
そん時は思い至れなかったんです。

どうなんでしょう。
だからかちょっと迷いが生じました。
笑いの内容や質うんぬんは別にして
今の時代、感動と笑い
どっちのほうが求められてるんやろって。

私は村上さんにやっぱバラエティの
MCをやっていってほしいんです。
アスリートと話すときもアーチストと話すときも
苦労話への賛同や時に胸焼けするような
誉め言葉ばかりじゃなく
ふっと息をつける瞬間がほしい。
それを下世話な世間話に落とし込むんじゃなく
ちゃんと相手の立場を慮った中に宿してほしい。
村上さんにはそれが出来ると思うんです。

やって吉本新喜劇だって
途中ホロリとさせても最後は
ドタバタで終わるじゃないですか!
(何の話?)

まぁ要するに緩急、
ってことなんやとは思うんですが。

だから例えば今回の27時間を
観終わっての感想が
ダンスに感動したで溢れてしまうのであれば
それはちょっと違うっていうか。

なんかとりとめのない話を書いてしまいました。
すんません(;^ω^)。

個人的には全体を終えてみれば
生放送とたけしさん太田さんの
二大暴動を捌く村上さんの技量も
見ることが出来たし
まつおかまゆさんの頑張りにも
感動しました。24歳で27時間
おっさんに囲まれて
あの対応は中々できひんと思いました。
段取り通りいかへんくて
ときどきマジでイラついてたのも
若さゆえのご愛敬ですわ(´ー`)

私は本当に生放送、
特に中継と次の段取りを待つ
場つなぎの間が苦手で
今回も事前録画のコーナーのほうが
安心できたしおもしろかったんですが
つぶやきではやっぱり
圧倒的に生放送であることを推されていて
たぶん来年も生放送ということに
なるんだろうと思いました。

みなさんはどうなんですかね
私はもう正直
3回やったら十分だと思てますね。
47終わって五輪終わってまた
27時間とか言われたら
まじで村上さん倒れますもんorz
(本音を言えば来冬にドームツアーなんて
絶対やめてくれって思てます)

ただ
出来れば月イチとか不定期でいいから
国宝にんげんと、昨年一昨年とあった
あのひとの歩き方
それとバカリさんのフリップコーナーは
ぜひレギュラー化してほしいです。
それがあって初めて27時間やった
意義があったなって思えるんで…。