FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2019年12月29日 (日) | 編集 |
区別と差別
平等と公平

違いを理解、いやわきまえて、かな
いないと世の中
どうにもややこしくなってしまうから
たまに知らない大人もいるけど
まぁ若いファンの多くはわきまえていないので
グループの何を見ていても
しんどいのだろうなと
つくづく思います。

ジャニーズというカテゴリに
興味なく過ごした10-20代を過ぎて
齢50前から自分なりに向き合った結果

最初こそ
端から見るのと中では違うものだな
と感じることも多くありましたが
この2年の関ジャニ∞の激動ぶり
事務所の激変ぶりを目の当たりにした今は
一周回ってやっぱり端からみたとおりの
事務所だなという結論になりました。

何度かこのブログで触れてきた通り
JアイドルはSMAP出現以前は
何もかもおぼつかない若者に
グループを組ませ
その仲間意識とライバル意識を見せることで
ファン心をあおり
ごり押しとバーターで現場を経験させ
一人前になるころには
グループを解散させて独り立ち
次世代のグループにファンを移行させる
またはファンも共に独り立ち(担降り)する
(またうまいことその頃には
グループの人気も下降している)
というのがセオリーで
しかもそのセオリーを
世間もなんとなく把握してるっていう
なかなか稀有な存在だったと思うんです。

SMAPが解散の時期を
逸してしまったために生じた
事務所全体の高年齢化に
一体どう落としどころをみつけるんだろうと
少なからず業界のひとは
高年齢化するグループの持つ視聴率が
軒並み落ちていくのを見て
半ば焦ってたと思うんですが
(そらもうバーター付けないことで
珍重されてたSMAPメンバーが
ドラマにバラエティにとがっつり
絡ませてきたことに困惑以上に
恐怖すら感じてたんじゃないですかね)

それが思いもよらないカタチで
事務所の牙城が崩れてしまい
社長の逝去も重なって
さあどうなるのかと注目したところに
矢継ぎ早に始まった新旧交代劇。
これはまさしく世間が把握してた
あの頃のセオリーそのもので。

そして関ジャニ∞はその
渦中で今まさにぐるぐるしてるわけですから。

でもここへきても
変わらない事務所が悪いとは
私はやっぱり思えないんですよね。
致し方のないことだと思ってしまうんです。

Jのアイドルってやっぱり若者が
ティーンエイジャーに
キラキラした夢を見せる商売であって
その基準から外れてしまったのなら
大人しく暖簾を下ろすべきではと。

ファンも大人しくそれを見届けるべきだろうと。

大倉さんが掲げた
またドームでという言葉。

この宣言を叶えられるのは
本人たちでもファンでもなく
ひとえに事務所の采配だということはもう
少なくとも経験を重ねたファンなら
解っていることだと思うんです。
それこそ端から見れば
20周年をどうにか大阪で
やらせてもらえるかなぁくらいでしょう。
もしくは、リアルに後輩が
5大ドームのチケットを完売できるまで
人気を得ていなかったら…とか。

Jに身を置いて、後輩を排除して
自分らだけ歳食ってもドームまわらせろって、
それはやっぱわがままなんやろうと思います。

ただ、どうですかね。
今回の47ツアーのように
無理を承知で関ジャニ∞に尽力してくれる
スタッフチームが存在してくれているのであれば

とてもとても希望的観測をさせてもらえるなら
不定期でいいのでアルバムを出して
小さなツアーをやる…とか。
その時はファンになりたての頃から疑問だった
ツアー先行型じゃなくアルバム発売後の
ツアー発表でやっていただけたら…
な感じですかね。
いや、希望的すぎるな。
関ジャムが長く業界やアーチストの方に愛されて
今以上の事務所の浸食がなければ
もう音楽的には望まないです(;^ω^)

あとの仕事は5人にしろ個人にしろ
浸食され続けるのは判ってるんで。
5人のは難しくとも個人なら
さらなる高みを目指すしかないんで。
あとは5人がただただ楽しくまた
常に向上心をもって仕事に臨んでいてくれれば
それだけでありがたいことだと思います。

まぁこんな長らく書いて
何が言いたいかというと
これからもアイドル然として
活躍する関ジャニ∞を
後輩抜きで見たいというひとにとっては

今が担降り時ちゃいますか?

っていうススメ、というよりは
後輩との絡みウザいウザい言うてる
ウザいひとたちへの
緩やかな脅し、ですかね( ˘ω˘ )


スポンサーサイト




2019年09月16日 (月) | 編集 |
いやぁいくら村上さんのみを応援してるといえども
関ジャニ∞の身の振り方がわからん今
自分のブログの身の振り方が\(^o^)/

今回のツアーオーラスから今日まで
ファンのみなさんのつぶやきを見てきて
なんとなく自分がどう感じているのか
あらためてちょっと書き留めておくと。

渋谷さんはざっくり言えば
関ジャニ∞としての音楽が嫌でやめたと思てます。

錦戸さんは妄想で言えば
関ジャニ∞の未来が見られなくてやめたと思てます。

そしてこの差は私の中ではとてつもなくデカイです。

錦戸さんが見限ったのはジャニーズの関ジャニ∞だけど
渋谷さんが見限ったのは関ジャニ∞そのものだからです。

たとえこの先
渋谷さんが関ジャニ∞と全く違う音楽を
錦戸さんが関ジャニ∞と変わらない音楽をしたとしても
私は錦戸さんを応援できるけど渋谷さんはできない。

妄想でそこまでと思うかもしれませんが
たぶん、今回のツアーを見たひとなら
発売される映像を見たひとなら
判ってもらえるんじゃないかと思うんです。

錦戸さんは間違いなく
バンドもダンスもネタもひっくるめて
本当に関ジャニ∞が好きだと。

これは今までのブログを読んでもわかるとおり
錦戸さんを全く推してない私が
そう感じたということも汲んでいただきたい。

少なくとも散々辞めることに理由をつけて
結果あれ←な渋谷すばると
最後まで関ジャニ∞のメンバーとして
ツアーを全うして何も言わず表から姿を消した
錦戸亮の今は比べるに及ばないと思てます。

…ってとこですかね。

ちょっとね、感心してます。やって錦戸さんて
やたら言い訳するキャラだったんですよ自分の中で(゚∀゚)
それが今回こんなに潔いなんて。
なんすかね私が錦戸亮ファンなら
淋しいけどかっこいいやっぱ私が惚れた自担!
ってなるとこなんすけど
つぶやき見るとメンバーにブチ切れてるひとも
中にはおるようで如何とも。

まぁ脱退話はこのへんで。
実際時は動いてますしおすし。

スカパラは谷中さんはじめ
みなさん村上さんをハグして労ってくれるし
文化放送のスタッフも長さんも
気遣ってくれてるのがわかるし
清塚さんはじめ関ジャム共演者も
みなさんやさしい。
私にとってはしょうもないレギュラーも
まだ残ってはいるけど
SOTも大失敗も情熱の鼓動も
27時間も五輪も今は
とてもとても大事な仕事だと思うから
睡眠や食事はもとより
村上さんができるだけひとりで気負わずに
愛されている中で仕事をしていると
感じていてくれればいいなと願うばかりです。







2019年09月06日 (金) | 編集 |
ブログに書くべきと思てた意見を
まぁいいかと思ってつぶやいてしまったので
こちらにはつぶやいておくべきかもしれない
意見を書き留めておこうかと思います。

いやもう他のファンと自分に
温度差がありすぎて(;^_^A
そうなんです私本当に
じゃにおたじゃないし
ジャニーズのグループとして
関ジャニ∞を好きになった
わけじゃないんやなぁて
今更改めて思いましたわ。
敢えて言うなら
こないだの関ジャムじゃないですけど
アイドルってカテゴリの中で
暴れまわってる姿が
おもしろおかしくてかっこいいて
思ったからで。
もっと言うなら自分たちで
アイドルって肩書を馬鹿にしてるような
小気味良さがあったからなんですよ。

だからこそ今実のところ
ファンも関ジャニ∞自身も
Jのいちグループであることに
こだわり続けているのが
よくわからないんです。

村上さんが去年のツアーで
発言したという
「ファンがひとりでもいる限り
関ジャニ∞でいる」ってやつ。

私は
「ファンがひとりもいなくなっても
関ジャニ∞でいたい」
っていうほどの気概がほしいというか
そのくらい自分の中に確固とした
信念があってグループを続けたいのなら
納得もいくしほなつきあおかってなるわけで。

誰かの為に
殊更ファンの為に続けていこうと
思ってるのであれば

もしくはメンバーが
関ジャニ∞の看板を外して
この先やってく勇気がないのなら

引導を渡したるべきは自分らファンなのか
と思てみたりしてしまうんです。
今の状況が
共依存に他ならんのじゃないかとまで
思ってしまうんです。

ちょっとアイドルが自我だそうとすると
みんな何気にすぐ言うじゃないですか
アイドルって職業選んでおいて、みたいなこと。
しんどいなぁて。
歳食ったらみんなそれなりに
一家言くらい持つもんちゃいます?
それをそんな言葉で一蹴されたら
しんどすぎません?
アイドルに自由を許さないのは
事務所じゃなくてファンやないですか。

でもそんな不自由さの中は
アイドルにとって
ぬくぬくと安心できる場所でもあって。

ファンも関ジャニ∞も
それを守りたいのかもしれないですが。

わたしはほんまに申し訳ないけど
ここは一旦壊してみたらどうやと
思ってしまう派なもんで。

47ツアーの内容がどんなものになるか
全く分かりませんが
ひとつの試金石になるのかなとは思います。
ちょっとつぶやいたように
ほんまにセンターは俺だ選手権をして
勝ち取った人がセンターになるくらいの
無茶苦茶さ…私にとってはそれは
気概そのものですがそれを見せてくれるなら
やっぱ最高やな関ジャニ∞って
心から応援できますが、どうでしょう。





2019年09月05日 (木) | 編集 |
ちょ、3日の私の悦に入った文
立場ないんですけどwww

いやぁやめない決断下したと
思ったんですけどねぇ。
やっぱO型は頑固ものですねぇ(;^ω^)
(身内の8割O型の嘆き)
思いの外錦戸さんは
音楽活動したい派だったんだなぁ。
まぁ3日に書いたことを
実とするならですが。

3日よりもっと正直なこと書いていいですか?

バンド音楽好きの流れ者として
言わせてもらうなら

音楽の才能を過信したふたりが去った

いう感じなんですよねぇ。
個人的にすばる脱退の遠因は
丸山さんの才能開花にある思てるんで。
関ジャニ∞をフェスという音楽の
ひとつ高みに連れてったのは
すばるやと大方のファンとメンバーは
思てたかもしれませんが
私は丸山さんやと思てますよ。
丸山さんのベースがフェスへの階段を
掛けたと思てます。
すばるは薄々気づいてたんじゃないですかね。
関ジャニ∞の音楽性がほめそやされ始めたのは
自分じゃなくて丸山さんがけん引したんだと。
それに加えて関ジャムでのセッション。
いやファンは毎度褒めてましたけど
私は渋谷さんのパフォでよかったのは
初期のいくつかだけで
やめる前半年くらいはけっこうきつかったです。
これにも書いたことあったと思います。
なんですかねぇ。
ひとりになればもっと自分のええとこ出せるとでも
思たんですかねぇ。

ああすばるのあれそれはもういいんでした。

まぁでもそんなすばるのやめっぷりと
今日のカスっぷり(言うたった)に比べれば
やめることそのものが二番煎じ←
なことを除けば
錦戸さんのやめ方もやめる理由も
なんとなくは理解できるんで
別にええか?くらいな気持ちです。

音楽的才能の話に戻れば
丸山さんもさることながら
安田さんは元々知られてることとして

大倉さんですよ。

音楽的、というかドラムの才能ですよ。
いやドラムうまいひとは数多いますし
その中でひときわ個性を出せてるか
と言われればまだ及ばないとは思いますが…
なんていうんですかね。
例えばそれこそ錦戸さんや安田さんは
日常の中に趣味としてギターがあるだろうし
丸山さんも好きな音楽を聴いて
気になったベースラインを自分で弾きおこしたり
くらいはしてると思うんですけど
大倉さんが聴きながらタムやハイハットを
鳴らしてみようなんて気になってるのが
想像つかないんですよ。
日常の中にそこまでドラムが侵食してる
感じがしない。
なのに、あんだけやれるってすごいなぁって。
ただリズム感がいいだけで
あそこまでいけるもんですかね。
あんなに添えるもんですかね。
そう、大倉さんのドラムてなんか
「添うなぁ~!」って感じなんですよ。
誰かに合わせて光るドラム。

好きです。(初告白?)

…なんの話これ。

ああそうだから
今後も音楽続けていっても
なんら心配はしてないんですけど。

47都道府県まわる
気力体力時間が。(´;ω;`)


ファンにそこまで
気ぃつかわんといてぇ(´;ω;`)
ってなりますよね。
5人がニコニコテレビ出ててくれるだけで
ファンは十分幸せなんやから…。




2019年05月30日 (木) | 編集 |
先週といい今週といい
村上さんの日常が感じられる
ウエブログにほっこりしてます。

アイドルも自分と同じ空の下で
同じ空気を吸って生きてる。

身近な存在だという
キーワードではなく
同じ喜怒哀楽と三大欲求とを持つ
ひとなのだという意味で。

だということを受け入れられないから
アイドルとファンの関係は時に
ややこしくなってしまうのでは。

夢の中の住人でも
隣に気になるご近所さんでもない。
こちら側が一方的に知ってるだけの他人。

それでも自分の好きなアイドルが
今日もどこかで自分と同じように
なんやかんやと暮らしているこの現実。


それってうれしいことではないのか。