FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2013年06月03日 (月) | 編集 |
今回も一気に2編up。
最初「ツブサ」link「いい女」だったのを途中変えちゃったんで「ツブサ」に違う曲を当ててみました。

関ジャニ∞の曲を考察してマイラバなミュージシャンの曲とlinkという名のこじつけレコメンドをしようという企画。9th link 「ツブサニコイ」

∞のラブソングの中でも王道といえばコレ。最近は全員で楽器持つようになりましたね。
男のラブソングって結局ヘタにこねくり回したような歌詞なんていらないんですよ。ストレートに好きだと言ってしまえばそれでOKなんです。そんな無骨さが∞によく合ってる。「つぶさに恋」ってタイトルもいいよね。初めて聞いたときは(は?つぶさにて、つぶさに調べるとかあの?どおゆうこと?)っておもわずググってもうたけど。

LINK
レピッシュ「CONTOROL」

この曲とツブサのlinkって聞いてピンとくる人いますかね。
。。。PVです。PVの衣装でございます。
てか、ツブサのPV初めて見たとき(何々、レピッシュ意識したの?)ってすぐ思ったんやった。今思い出した。あの、色とりどりの細身のスーツね。ヘタするとU字工事思い出されそうな。ちなみにU事工事のスーツはミッシェルさんと同じ並木のオーダースーツやで、ってどうでもいい情報入れてもうたw。
スカバンド数あれど私はここが一押し。何故なら詞が暗いw。なんやろね、20歳前後の頃って暗いのが好きな時期やったと思うわ。この曲も然り。しかしバツグンにかっけー。アレンジも、もちろんPVも。∞の楽しいわちゃわちゃとある種対極やけど、後ろ向きな詞も決してヤじゃないよ、っていう物好きeighterのためにwlink!
スポンサーサイト




2013年06月03日 (月) | 編集 |
関ジャニ∞の曲を考察してマイラバなミュージシャンの曲とlinkという名のこじつけレコメンドをしようという企画。8th link 「イッツマイソウル」

シングルで音源化されて6年。ロリコスとともに今だeighterの女子力upの方向性を悩ませる曲w。魚の食べ方とスーパーの袋ぐらいで深夜2時に呼び出せる男。。。逆に理想やわw。
ブラスアレンジが強く入ると、SMAP⇔CHOKKAKUのイメージがチラついて、ジャニーズが見つけた鉄板に沿った曲ってことになるやろか。個人的に気に入ってるのはサビの振りw。一緒にやるのは照れてムリだけどかわいいあれ。
情けないモテない男をうたうってのがいいのか?とズッコケを引き継いだ感もあるよね。
前から貶し愛の多いeighter見てS多いなぁ思ってたんでそこにハマったのかなとも思うんやけど、どうでしょう。

LINK
ウルフルズ「いい女」

ツブサと最初linkしようとしたのはどちらも三連符のラブソングだったからなんだが、「いい女」=男心ってワードが浮かんだ時、=イツマイって同時に浮かんでもうて。急遽変更。
<お金より見た目より車より心意気>
。。。お金はいりますよ、と思う私はもう汚れた悪い女ですよ、ええw。
こちらの主人公も曰く<俺を困らせるいい女>ですから。何やかや言うても男は女に惑わされるのが好きなんやなぁと。男ってやっぱアホでかわいい生き物ですよw。
ライブではコーダで<いい女>を連呼して吉本新喜劇並みのしつこさで舞台そでからの出入りを繰り返すのがお約束だった曲で。思い出すと解散した今ぅうわあぁぁぁん!ってなってまうけど。∞は文字どおり無限であってほしいすね。

2013年06月01日 (土) | 編集 |
関ジャニ∞の曲を考察してマイラバなミュージシャンの曲とlinkという名のこじつけレコメンドをしようという企画。7th link 「大阪レイニーブルース」

セカンドシングルですね。これ聴いた時のeighterの率直な感想はどんなもんやったんやろ。いわゆる、ザ歌謡曲で、ジャニーズがたまに発動する「仮面舞踏会」「硝子の少年」「青春アミーゴ」とかの系譜に近いものだけど。カラオケでおじさんもアイドル曲歌えますよ的な。
基本ティーンが理解できる曲ちゃうよね、ジャニーズってほんま時々わからん。ええ大人が歌ったらそれなりにえろいぞこの詞。当時から知ってたら聞いた瞬間「、、、模索中やなぁw」言うてまうわ。

LINK
小泉今日子「優しい雨」

マッチのlinkを書いたら、女性アイドルの作詞にも触れてみたくなりまして。キョンキョンの作詞でございます。なにかで「仕事帰りの車の中で浮かんだ」ようなことを本人が言っていて、<心の隙間に 優しい雨が降る>って出だしのフレーズが、まさに後部座席から雨の街を見上げる様がイメージできてシビれたのを覚えています。<運命だなんて口にするのなら/抱きしめて連れ去ってよ>。。。いーねーw。女性の想いがぎゅっと詰まった名ラブソングです。そして全編にちゃんと雨の匂いがする。素晴らしい。キョンキョンもシングル、アルバム問わず結構作詞してて、個人的に好きです。「ラブシェルター」とかも全く違う切り口でうまいので一緒にレコメンドしとく。
あ、いわずもがなの雨つながり、です。

2013年06月01日 (土) | 編集 |
関ジャニ∞の曲を考察してマイラバなミュージシャンの曲とlinkという名のこじつけレコメンドをしようという企画。6th link 「Cool magic city」

すごはちリクエストで第三位に華麗に滑り込んだ、ご存知デビュー曲のc/w曲。
感想は前にも書きましたが、本当にキラキラしたアイドルソングで。「浪花いろは節」を聴いて少なからず衝撃を受けていたeighterにとっては、正直、こっちが理想の∞デビュー曲やったんではないかと思われ。
そういうある種eighterの支えやったと思える曲に人気が集まるのもうなづける話やし、この曲は確かに詞も曲もアレンジも良くできてると思う。いつも新鮮なのにどこか懐かしい、アイドルソングに最も大切だと言えるそこをちゃんと押さえてる名曲。
バイクにタンデム、不意打ちのキス、と正にティーンエイジャーの夢の詰め合わせですよw。
今だったらそれこそセクゾとかが歌うと似合うやろうね。ジュニアに継がれていくと光る曲な気がする。

LINK
近藤真彦「17バースデー」

仕分けに出てくる曲ぐらいはマッチの曲って知られとるんかな。ちなみにこの曲はタイトルどおりマッチの17歳の誕生日に発売された限定シングル。なんとマッチ自身が作詞しております。アルバムとかにも何曲か詞を書いてるはず。
四輪レーサーなマッチもこの頃は単車に夢中で。この曲も、バイクには一人で乗って<愛も恋も欲しくはないさ/明日なんかないぜ>と歌ってます、めちゃ硬派です。クルマジのニヤついた男とは違いますw。そういうかっこいい男像の今昔も、この2曲から感じ取れるんじゃないでしょうか。
※当時マッチファンから借りたものの記憶なのに自分が所有してるかのように鮮明に覚えている学生時代記憶のクオリティ、すばらしいw※

2013年05月21日 (火) | 編集 |
関ジャニ∞の曲を考察してマイラバなミュージシャンの曲とlinkという名のこじつけレコメンドをしようという企画。5th link 「Desire」

eighterになるきっかけになったもう1曲。まあ言わずもがな情事を女性目線で書いた詞なんやけど。この全体を包む悲しみがね、なんとも背徳を連想させてまうよね。
この曲聴いて泣いてるeighterの映像見ると「何に対して泣いとんねやろ」と実は思ったり。だってこんな経験、想いをすることって若いうちはないんとちゃうの。てか、若いうちは明るい健全な恋愛しとかんと!なにするでもhappyでないと!
安がすばるのことだけを考えて作った曲は秀逸すぎて詞と曲どちらが先行か判らないほど溶け合ってる名曲。ちなみにご多分に漏れず私も無責任特典よりカウコンの映像の方が、歌い方も好きです。

LINK
奥田民生「カヌー」

情事男性目線、てことで。こっちは平和でいいですよw。
個人的にはこっちの方がだいぶえろいです。民生の声でもさることながら斉藤和義のカバーは思わず笑てまいます。アレンジも、歌い方も、斉藤和義が歌ってるってこと自体にも。
まあとにかく、情事はやっぱり楽しい方がいいと思います←。