FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2019年07月15日 (月) | 編集 |
いやぁもう自分の予想
いっこも当たってへんくてびっくりしました\(^o^)/
悪い予想やから全然いいんですけどね。
しかしセトリと内容のネタバレつぶやきを見るに
スタッフの中にかんっぜんに
TwitterAddictionがいるな(゚∀゚)
っていうw
まぁそこそこいい仕事した中毒患者ですわ←
個人的に引っかかったのは
やっぱユニットですかねぇw
てかちょっと「アイスクリーム」のほうが
食傷気味なんすよね(うまいこというたわけでなく)
ヤンマーってそんな需要あるんすかね。
ゆきゃんしをぜひともやってほしかったけど
まぁ「二人の花」ってめっちゃ
人気ありますもんねぇ…。
ともかくおっさんたちが頑張ってw
だいぶ踊ってくれてるみたいなんで
身体のメンテだけは十分して
千秋楽まで乗り切ってもらいたいですね。



スポンサーサイト




2019年06月07日 (金) | 編集 |
村上さんのファンの多くが
一般の人にファンだと告げて
夜ふかしおもしろいよねって返されると
スンって心のシャッター閉めるように

岡崎体育のファンだと言って
「MUSICVIDEOあるあるおもしろいよね」
はまだいいけど
「ワニさんも仲間に入れてあげてーw」
って返されたら
個人的にはスンってなります( ˘ω˘ ) 。
いたしかたないとしても。
いたしかたないとしても。

大体
「あの曲のおもしろのMAX
そこじゃなくね?」
とも思いますしおsry( ˘ω˘ ) 。

というわけで
明日から東京へ
いやさいたまへ
岡崎体育の夢を見届ける
旅に出ます。






2019年05月28日 (火) | 編集 |
saitama.jpg
届きますた。
がっつり自分の名前が印字されてる
チケットが自分史上初で動揺(;^ω^)。
でもやっぱオリジナルチケットってうれしい。
地元のレコード屋に朝早くから並んで
チケットを手に入れてたL頃は
アーチストごとにデザインも紙質も凝ってて
かっこよかったなぁ。
記念切符並みの厚紙で
ホテルのコームくらいの大きさしかない
佐野元春のVISITORSツアーチケットとか
しびれたもんね。
今は紙チケでも封筒の長3サイズに
合わせてあるからちょっと味気ない(´・ω・`)。

しかしこのチケもそうやけど
グッズ展開やロゴデザインを見るに
岡崎体育の
メンカラ←は紫らしい。

次のツアーに
岡崎体育Tとタオルで
行っていいっすか(・∀・) ?




2019年05月23日 (木) | 編集 |
第三希望で当選という
初体験をいたしました。
周囲に全滅がまま見られる割には
重複もよく見かけて
状況がよくわからない。
結局日程的に東京へ集中したってことか?
なんやかやで復活当選が多くなるような。

とりあえず別日のホテルの予約をキャンセルして
当選した日の予約をもうすこし
安く抑えられないか検討中。。。




2019年04月28日 (日) | 編集 |
ブログを休んでいた間のことを
ポチポチやってきますね。
3月末日。
富山県教育文化会館へ
清塚信也さんのコンサートに行ってまいりました。
tensai1.jpg
まさか地元で清塚さんを生で拝聴できるとは。
しかもですよ。
じゃじゃーん!
tensai2.jpg
すごいっしょ。本編はNGやけど
アンコールは特別ええよって
なんとご本人様から撮影許可が!
ちなみに私これスマホを自分の顔の高さで
座って撮影しました。
ということは…

座席をお察しください。
カミセキキタワァ(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆

いやもうね、逆にそんなほいほい
撮影なんてできないっす。
目の前の一挙手一投足
奏でられる珠玉の音を
逃すほうが惜しいじゃないですか!
スマホ起動すんのさえ躊躇われましたよ!

この日実は体調不良すぎて
2部構成の1部終了した時点で
半分死体やったんですけど
そんな中で聴いても素晴らしい
名曲たちで号泣に次ぐ号泣ですよ
神席の不審者ですよもう。
やってまず登場した清塚さんの
笑顔で泣きましたもん\(^o^)/
なんていうんですかねぇそのぐらい
屈託のない、裏表のない、
純粋な笑顔やったんですよ。
泣いた自分にびっくりしましたもん
え、私こんなファンやっけ?て。

MCって言うてええんかしら、お話も
テレビで発揮されてる以上に
とても上手で(構成もオチもちゃんとしてる!)
クラシックコンサートの
良くも悪くも不可思議でもあるお決まり事や
あるあるネタ←に会場も
クスクスいうより半ば爆笑でした(;^_^A
驚いたのがハンドマイク片手に
立って話されてからの
着席して1音奏でるまでが秒。
よくある「直前まで冗談言ってて
本番、の声で役に入る」なんていう
天才俳優の逸話、あれでしたマジで。

肝心の音の方は
事前にチェックしてて知ってはいたんですが
会場となったこの教育文化会館
スタンウエイを所持してまして。
まぁ席も席だけにひっさびさ、
これもうほんまひっさびさにw
音の良さだけで感動できました(゚∀゚)
中でも春夏秋冬各々をテーマにした曲の
メドレーがあったんですけど
冬の曲が
メリークリスマスミスターローレンス
やったんですよ!
泣くやつでしょこれ泣くしかないやでしょこれ。
村上さんが!初めてのイフオアで!
一生懸命つたない←演奏を披露したあの曲を!
今目の前で清塚さんが奏でている…(´;ω;`)ウゥゥ
あれ聴けただけでもう満足でしたね。

公演終了後は絶不調脳死状態のなか
アンケートを書き上げ、長蛇の列を待って
tensai3.jpg
いただいてまいりました。
握手して笑顔でお話もしたけど
何言うたかイマイチ覚えてないです…orz

演奏からもお話からも表情からも
清塚さんの為人の良さが感じられて
ほんまにね、神様はようこのひとと
村上さんを引き合わせてくれはりましたわ。
この押しと押しの、
ケミストリーやなく
マリアージュってやつやね。もう
この時代に生きててよかった
くらいの気持ちになりました。
さよなら平成こんにちは令和!
(まだ3日ある)

私の中の好きを結んでいく音楽。
極まってタイトル。