FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2014年03月28日 (金) | 編集 |
オザケン…!

突然滾って申し訳ない。
ちょっと出し惜しみみたい感覚で観惜しみしてた
いいともの感想をごひいきブログで今読んで
がまんできなくて今観ちゃって。
朝から泣いてる。(またかよ!)

だってぇーあんな選曲ずるいてぇ!
いきなり「ぼくらが旅に出る理由」から始まって
「さよならなんて言えないよ」「それはちょっと」
「ドアをノックするのは誰だ」!!!

どっかで歌ったのブギーバックっていうガセネタ見てたからさあ!
ごひいきブログに書かれたこの選曲読んで高ぶってもうたんよ。

タモリさんが「さよならなんて言えないよ」が好きって…!
もし、それまでタモリさんの事大嫌いやったとしても
結婚してもいい人に昇格するくらいの一言やわ。
オザケンとおない歳の私はこの曲が出た頃
まさにこの詞の想いががっつり解って。泣いたなーあん時も。

そう。オザケンの「愛し愛されて生きるのさ」を聴いた時
生まれて初めて
“歌詞の言わんとしてることが全部理解できて
且つ共感できる”
って体験をしたんだよね。

それまでの、フレーズでわかる、世界観がわかるって感じじゃなくて。
ほんまに全部。歌詞書いたの私か?っていうくらい。
言うほど山田太一のファンでもなかったけどw!
同世代の持つリアリティって強烈やなって思ったの覚えてる。

しかし見た目もさほど変わってなかったオザケン。
あんな45歳(今年ね)おるから老け顔言われんねん私!w

スポンサーサイト