FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2016年01月10日 (日) | 編集 |
エマールの香り付きじゃないやつって
いつのまに無くなってもうたんですか?
香る洗剤ってホンマに苦手なんですけど…(;_:)

今日のヤフーのトピックスからひとつ。

いわゆるドラッグに手を出してしまった
タレントやミュージシャンが
表舞台に戻ってくることに
今までどうしても抵抗があって。
中学生時代から好きなミュージシャン達は
自分でやってんのか否かは判らんけど
そのテのことには一様に寛容で
その理由がたとえ素晴らしい音を残してる
先人たち(錦戸さんの耳にいるひととか)が
常習していたからという単純な理由でも
時代がもう違うと乱暴でも一蹴したいし
それに頼って紡がれる音なんて
才能の奇跡ちゃうやんニセモノやんと思うクチで。
いやそりゃそんなひとたちも
更生した後にちゃんと生きてかなあかんわけやから
社会から抹殺しろとまでは言わんけど
芸能人ならせめてTVに出るような仕事には
戻ってこられるべきではないと思って。

で。それこそおざきゆたかのことがあった時は
ファンではもうなくなっていたせいもあってか
ああ、終わってんな、くらい冷めてたから
トピックスに上がったブログを読んだ
ファンの気持ちは計れないかと考えてたら。

ふと。万が一これが村上さんだったら、と想像してもうて。

憤りや悔しさよりも、
やっぱりただただ悲しいんじゃないかと。
そこに至らせてしまった一因にきっと
少なからずとも自分も加担してしまっているだろうことに
耐えられるだろうかと。
そう思うともう擁護の気持ちしか生まれんくって
なんだか今までちょっと頑なやったかな
と反省の気持ちも浮かんできたり
いやいやそれを受けとめてもうたあかんやろ
とか情緒がもうw。
とりあえず今回の件のファンの方には
同情はしてしまいました。

どうかそんな最悪の事態が起きぬよう
げったーずさんの占いどおり
今年末には村上さんがいままで耐え忍んでいたことが
実を結んで大きい収獲ができるよう
遠くから祈るのみです。



スポンサーサイト