FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2016年11月13日 (日) | 編集 |
自分の中で整理できてないことを
つらつら書いてみたら結論が出るかな
と思いやってみるテスト。

私ね、村上さんのお金に対する考え方とか
使い方とか嫌いじゃないんですよ。
夏3枚のTシャツで過ごして平気、
捨てるときは雑巾として使ってから、とか
ポイントで引き換えたベッドスタンドを
大事にしなかったからそれ以来なんでも
自分のお金で買いたいと思うようになった、とか。

それは庶民的だ、とか慎ましやかで
好感が持てる、とかそういう意味ではなくて。




ちょっと逸れます。

お金の話って、お金を稼ぐ、という目的に
豪遊的要素がちらついて
あんまし大っぴらに言うことは
はばかられる風潮があるけど、
生活そのものの根幹にかかわるものやし、
使い方がその人の性格・性質を
けっこう表してると思うんで、
どんだけ稼いでるかには興味はあまりなくても
稼ぎ分の使う内訳には興味がある。

おいしいごはんを食べるのが好き、
ってだけでも、外食費にいっぱい使う人、
家で作るのに高級食材・調味料にこだわる人、
ひとりで食べると味気ないから交際費をかける人、
出来るだけ安くおいしいものを探す人、
おいしいラーメンやカレーを求めて
1年中おなじ料理を食べ続ける人…と、
そこを知るだけでなんとなく
そのひとが見えてくる気がするんだな。
おたくさんだったら衣食住全部最小限にして
がっつり物に使う人、出かけることに使う人、
作ることに使う人、全部やる人w。

実はよくわからないのが、この
「他を最小限にする」っていう考えが
ない人たちだったりする。
おたくさんに限らず、どれだけお金を持っていても
自分の好きなものに対してお金って
無限にかけられると思うから、
あれこれそれ全部にお金をかけるひとに
首をかしげてしまうんだなぁ。

なんにでも興味がある人だと
好意的に捉えればよいのか…?




元に戻ります。

なので私は、休日が急にできれば
日帰りで沖縄へダイビングに行ったり、
「なんぼお金かかってもいいから治してくれ!」
と飼ったばかりの猫の病状を
心配したりする金銭的余裕があっても
Tシャツの首がよれよれになるまで着て
穴の開いた靴下をテレビのホコリひと拭きしてから捨てる
村上さんをとてもとてもいいなぁと思うし、
信頼できる。こういうひと好きやなぁって思う。





…結論。村上さんが好き。
(明解な答え出ましたお付き合いありがとうございました。)



スポンサーサイト