FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2019年04月30日 (火) | 編集 |
楽しかったよ。




スポンサーサイト




2019年04月30日 (火) | 編集 |
そうそうもしも塾の話て
まだ書いてませんでしたね。
とりあえずつぶやきに上がってくるレポが
めっちゃおもしろそうで
いやぁうらやましかったっすねぇ。

構成というかネタふり自体は
想像の通りやったんですけど
衣装が配役書いたビブスやったいうのんに
わろてしまいましたわ。
確かにそれと役決めのクジがあれば
いつでもどこでも誰でもできますもんね。
で、その実毎回まとめ上げるのは
CEOの手腕にかかってるっていう。
その企画力だけで村上さんに
ホレなおす、いや
二度惚れしてしまいますわ。

エンディングで昔話にちなんで
「にんげんっていいな」を歌いながら
ちゃんとでんぐり返ってバイバイする
ってレポ見た時は
夜な夜なの衣装に羽付けよういうたんが
村上さんやと知ったとき以来の
衝撃と感動でしたよ!
なんやあのひと天才か!
もうでんぐり返しで舞台って言ったら
あれですやん?でっかい
いいネタひとつありますやん?
なのに誰もつっこまんなぁとおもてたら
千秋楽に演者の一人がやっと
「(もしも塾もこれで)
放浪記超えたいですね
言うてくれたようで、もう私の中で
その子の株爆上がりでしたねw
あの子いい子やのにつぶやきやと
けっこうファンがアレ←で
いわゆる関ジャニ∞のおkry\(^o^)/

まぁそんな毒は置いといてw
ジュニアもデビュー組も
それなりに得るものがあったようやし
楽しかったと言うてくれてるみたいなんで
うまくぶらっしゅあっぷして
次があってくれたらありがたいですね。



2019年04月30日 (火) | 編集 |
SOTとは打って変わって
こんなにすぐネタがつきそうなテーマなのに
意外と第3回にして
まだまだおもしろかった大失敗選手権。
なんでしょうねこの差。

やっぱ村上さんにはこういう
お茶の間にぐっと近いバラエティのほうが
合ってるんでしょうかね。
副題が「みんなが出るテレビ」ですもんね。
NHKさんの気概を感じますよね。

色んな意味でw散らかってる素人さんと
芸達者なひがしのりとの間で
いきいきとおもしろの本領を発揮する村上さんに
かわいいねぇ楽しくてよかったねぇと
ほっこりしましたわ。
プチ失敗のコーナーもよかったですね。
本編もですけどそこはかとなく漂う
昭和の香りの安心感がたまりませんw。

みんなが出るテレビが
やがては
みんなが見るテレビに
さらには
みんなで見るテレビに
なってくれたらうれしいですねヽ(´ー`)ノ。




2019年04月30日 (火) | 編集 |
エピソード#0でうっすら抱いた懸念が
早くも#1で露呈することになろうとは。

言うてもネガティブなつぶやきは
1,2個見かけた程度でしたけども。も。
個人的には今回のMC
ファンフィルターを通しても
あんまし褒められた出来では
なかったように思いました。
どこが?と聞かれても
ここっていうとこはないし
ソツなくといえばそんな気も。
でも、なーんかちぐはぐな、
YOSHIKIさんやファンとの熱量が
いまひとつ違う感じがしたんですよね。
むしろソツなくしようとしすぎというか。

後ろに集まるファンの方達は
どういう選抜なんですかね。
番協的な応募によるものなんでしょうか。
確かに今日本におるからには
それなりに経緯がかぶってくるのかも
しれないですけど
やたら同業目指す人多くないですか?
そうなってくると村上さんの仕切りも
一辺倒にならざるを得ないですよね。
だからわからんでもないですが
いやあんた前回とおんなしこと
言うてますやんって
心ん中でつっこんでしまいましたわ(-_-;)

このスタイル徐々にでも変えていかんと
早くも首絞める結果になる気が。
紅白でややこしい系のひと←を
ホールじゃなく中継するみたいに
アーチストの気質によっては
あんま和気あいあいと
コミュニケーション取らんと
しゅっとしたモノローグと演奏にしたほうが
いいんちゃいますかね。
ゲストとファンを同時にもてなして
茶の間も飽きさせないって
けっこう難しいっすねぇ。



2019年04月29日 (月) | 編集 |
関ジャムの感想です。
m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

ロックマンの曲めっちゃかっこええ!
9トラックの原音のまんまでも
十分イケますわ。
ヤスが言うてたように
アルバムなったら買いますw
番組見てどっかのレーベル
手を挙げてくれないですかね?

この出会いだけで今回
見た甲斐あったのに
インストバンドの紹介にはぶっ飛びました。
特にtoeとLITE。
キタワァ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆
自分はほんま下世話な耳してるんで
なんと言うか、あんまり本物感…
ちょっと言い方違うな。
うーんと、通な感じというか、
マニアックというか。そういうところに
入り込んでしまっているような音楽には
興味がいまひとつ持てないできたんで
インストってその極みな気がして
(実際紹介された中の神の音楽
とか言われてたバンドの音は
今ひとつ受け入れられない(;^ω^))
ボーカルがいるバンドの
インタールードくらいしか
触れてこなかったんですけど
この二つはめっちゃメジャー感があって
すこーんと耳に入ってきました。
気持ちええー( *゚д゚*)。
だいぶ収穫になりました。

舞台音楽もよくある劇団四季とかの
密着番組でも触れてこなかったやろう
おもしろい題材やと思うし
今回のプレゼン3つとも見たいです。

またプレゼン企画て割と
持ち寄ってきた三人三様でぶつ切り
みたいなイメージやのに
清塚さんとNAOTOさんが
お互いの企画でセッションしたり
絵音くんの感覚的プレゼンを
NAOTOさんがフォローしてくれたりで
なんやこのアットホームな番組ヽ(´―`)ノ

毎度音楽て楽しい!って気持ちに
改めてさせてくれて
演者、スタッフ、スポンサーにも
感謝感謝です。( ̄人 ̄)( ̄人 ̄)( ̄人 ̄)



2019年04月29日 (月) | 編集 |
3/31の関ジャム感想を。
m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

ギタリスト特集と聞けば

アベフトシ…

うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙

となるところですが
今回の企画で個人的に
(゚∀゚)キタコレだったのは
高崎晃ですた(゚ ∀゚)(゚ ∀゚)(゚ ∀゚)

新太さん(54)とほぼ同世代なんで
言うてたレイジーの「赤ずきんちゃんご用心」も
もちろん知ってたし、何より
高校ん時付き合ってたひとが
ラウドネスのガチファンで
高崎晃モデルのESPのギターで
コピーバンドやってたんですよ\(^o^)/
なので全然ファンじゃなかったけど←
けっこう聴かされてたんで懐かしかったすわw

毎度布袋さんが取り上げられるたびに思うのが
以前BOφWYについて書いたときにも
触れた通り、布袋さんの曲やアレンジて
基本ポップでかわいらしいイメージがあるんで
ゴリゴリの男性ファンが多いって
バリバリなヤンキー上がりなひとに限って
かわいいファンシーものが好きていう
あの感じに近しいものを感じます(^ω^)

今回の山崎まさよしさんの
「fatmama」んときとか、こういう企画って
ランキングの音聴いて演者から
かっこいい!って声出るのが自分と一緒だと
ツボるとこ同じってうれしいなぁ (*´ω`*)
て思いますね。

セッションはやるって知ったときから
亮ちゃんでレイラてなんか…
間男感すごいな(゚∀゚)
って思てたんですがw
いや、かっこよかったです。
やっぱああいうシャウトもの
亮ちゃんの声に合いますね。
でもほんま漂ってしまってるなと。
今にも「奥さん…」て
言いだしそうでしたもんw
まぁそのへん
極めてみるのもいいですよね(え)




2019年04月28日 (日) | 編集 |
先週の関ジャム感想を。

平成の30年間というと
自分にとっては
20歳から50歳までの
大人としての歴史なんで
本来なら聴いてる音楽も
それに付随して段々と
大人びていくもんなんでしょうけど
この関ジャムで振り返ってみるに
まぁ全くでしたね。いや解ってましたけど
改めてね。

H1~H15なんてまんま
しげおくん(43)の言った

「中学時代にブルハで育ったひとには
TKやビーイングは受け付けない」

それな( ˘ω˘ ) (50)っす。

(ちなリンダリンダが出たのは
確か高3\(^o^)/オワタ)

イカ天も初期の頃は欠かさず
(風の吹き抜ける場所は今だ
定期的にようつべで聴く)
渋谷系も一部しがんで
(字幕のex.オザケンで出るのね
フリッパーズ名義じゃないのね)
パフィをまんまと受け入れて
ZooのChooChooTrainは
カラオケの十八番でした\(^o^)/オワタ2

その後のH16~はもう
自分にとってはほぼ昨日やし\(^o^)/オw略
椎名林檎もゲスもそんなハマらんかったし
今の細分化されてる打ち込みとか
好き嫌い越えて解らんし
そこそこ聴いてて売れてる思てたけど
今まで関ジャムに名前全く上がらん
バンドひとつやふたつじゃないしw
そこはもうあれやな…な中

現れた岡崎体育という怪物(ヘタレ)ですよ。
(埼玉が俺を呼んでいる!)

皮肉なことに
関ジャムを通して
新しい音楽に出会う中で
ここ数年関ジャニ∞に費やしてきた
お金と時間を
出会えた音楽の為に使いたい
って思い始めたんですよねぇ。

もちろん関ジャニ∞が名曲を
出してくれたらいいんですが
それが自分にとって
マストバイになるのか
いうのんはまたこれ難しい。
アイドルとしての名曲と
自分にとっての名曲てやっぱ
別物なんですよね…
キンプリくんのデビュー曲なんて
番組で言われたように100点の
アイドル曲ですけど、まぁ、
買わないですよね…。

はぁ。

アルバム出してほしいっすね。
(結局そこに行き着く)





2019年04月28日 (日) | 編集 |
ブログを休んでいた間のことを
ポチポチやってきますね。
3月末日。
富山県教育文化会館へ
清塚信也さんのコンサートに行ってまいりました。
tensai1.jpg
まさか地元で清塚さんを生で拝聴できるとは。
しかもですよ。
じゃじゃーん!
tensai2.jpg
すごいっしょ。本編はNGやけど
アンコールは特別ええよって
なんとご本人様から撮影許可が!
ちなみに私これスマホを自分の顔の高さで
座って撮影しました。
ということは…

座席をお察しください。
カミセキキタワァ(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆

いやもうね、逆にそんなほいほい
撮影なんてできないっす。
目の前の一挙手一投足
奏でられる珠玉の音を
逃すほうが惜しいじゃないですか!
スマホ起動すんのさえ躊躇われましたよ!

この日実は体調不良すぎて
2部構成の1部終了した時点で
半分死体やったんですけど
そんな中で聴いても素晴らしい
名曲たちで号泣に次ぐ号泣ですよ
神席の不審者ですよもう。
やってまず登場した清塚さんの
笑顔で泣きましたもん\(^o^)/
なんていうんですかねぇそのぐらい
屈託のない、裏表のない、
純粋な笑顔やったんですよ。
泣いた自分にびっくりしましたもん
え、私こんなファンやっけ?て。

MCって言うてええんかしら、お話も
テレビで発揮されてる以上に
とても上手で(構成もオチもちゃんとしてる!)
クラシックコンサートの
良くも悪くも不可思議でもあるお決まり事や
あるあるネタ←に会場も
クスクスいうより半ば爆笑でした(;^_^A
驚いたのがハンドマイク片手に
立って話されてからの
着席して1音奏でるまでが秒。
よくある「直前まで冗談言ってて
本番、の声で役に入る」なんていう
天才俳優の逸話、あれでしたマジで。

肝心の音の方は
事前にチェックしてて知ってはいたんですが
会場となったこの教育文化会館
スタンウエイを所持してまして。
まぁ席も席だけにひっさびさ、
これもうほんまひっさびさにw
音の良さだけで感動できました(゚∀゚)
中でも春夏秋冬各々をテーマにした曲の
メドレーがあったんですけど
冬の曲が
メリークリスマスミスターローレンス
やったんですよ!
泣くやつでしょこれ泣くしかないやでしょこれ。
村上さんが!初めてのイフオアで!
一生懸命つたない←演奏を披露したあの曲を!
今目の前で清塚さんが奏でている…(´;ω;`)ウゥゥ
あれ聴けただけでもう満足でしたね。

公演終了後は絶不調脳死状態のなか
アンケートを書き上げ、長蛇の列を待って
tensai3.jpg
いただいてまいりました。
握手して笑顔でお話もしたけど
何言うたかイマイチ覚えてないです…orz

演奏からもお話からも表情からも
清塚さんの為人の良さが感じられて
ほんまにね、神様はようこのひとと
村上さんを引き合わせてくれはりましたわ。
この押しと押しの、
ケミストリーやなく
マリアージュってやつやね。もう
この時代に生きててよかった
くらいの気持ちになりました。
さよなら平成こんにちは令和!
(まだ3日ある)

私の中の好きを結んでいく音楽。
極まってタイトル。















2019年04月27日 (土) | 編集 |
で、
コピペしたつぶやきのとおりの
心境なんですが(^_^;)
今日27日にブログを復活させようと
決めてたのに
かぶせてくんじゃねぇよwくらいも
思いましたが\(^o^)/
まぁ始めるのに書くつもりだった内容にも
リンクしたんで。
あの、音人~zoomの村上さんの言葉ね。
私はそういうことやと思てるんですよ。
そういうことになるかもいう
覚悟をしておこうというか。
いざそうなったときの
自分の身の振り方をぼんやり考えてたら
なんか筆が止まってしまって
更新できひんかったいうのんもありまして。
せめてアルバムが出てくれたらね、
その良し悪しで決めることも
出来たんですけどね。

関ジャニ∞ではなく
村上さん個人のファンなのは
まぁ今までもそうっちゃそうなんで
何が変わるつったら何も変わらないのかも
わからないですが
たぶんこれからはツアー行かないどころか
DVDやCDも買わないかもしれないですね。
てかもうほんま正直
出るかどうかすらこの先怪しいですしね。
突然なのか徐々になのか。
まぁ言うても
もうとっくに自分は関ジャニ∞にとって
望まれるファンではないですから…。
ありがたいことに
村上さんはどんどん活躍の場を広げて
自分がまだまだ期待も信頼も
できる存在でいてくれますんで

少なくともこの一年の関ジャニ∞を
しっかりと見届けたいと思います。






2019年04月27日 (土) | 編集 |
なんか、言っておきたくなったので。
本当に、渋谷すばる、嫌いです。
何故なら、全てにおいて、やってることが、
厭らしいからです。もうほんまに無理っす。

あんなに迷惑かけてやめておいて、
元のグループのファンに結局媚びて、
何も成し遂げずに
一年で業界に戻ってこれるなんて、
どの面下げてんの?
って思ってます。

村上さんの言葉は、
言われてる解釈違いとかではなく、
これからのことを示唆しているのだろう
と思ってます。この先、
そうかあの時の言葉は
そういう意味だったのか、
と理解する日が来るのではと。

単純に、数字の話なんだろうと。

イフオアⅩの発表から千秋楽まで、
村上さんのファンは心のどこかで
「今回が最後かも」と思っていたのでは。
言葉にすると
本当になってしまいそうでしなかっただけ
で。

あの頃の何とも言えない
もやもやした心を
村上さんの言葉で再び抱えている、
そんな感じです。

久々に長文かと見せかけて
つぶやきの丸コピかい!な
ブログこちらです。

すんませんm(_ _)m (土下座)

長期無更新にも関わらず
のぞきに来て下さってた方
本当に申し訳!
いやすごいっすよね
これの前のブログ読んだ方いらっしゃいます?
一日閲覧数一桁なんてザラなここに
わざわざdisコメしにきてくださる方が
いらしたんですよw!
もうその行動力にひれ伏しますよね ハハーッ>orz

てことで、
またすぐ休むことになったら
お詫びのしようもないですが
またぼちぼち書いていこうと思います。
お暇なときはぜひいらしてください。






2019年04月20日 (土) | 編集 |
> いつのまにかじゃなくて最初からついてないのに公式のせいってすごいおしつけですね。
> 誰かが勝手に自己満足でやってるレポ見て批判できるだけありますね。


マジですか!?
けっこう早めに見つけたんですよ?
公式にはチェック付いてるの知った上で
見ましたからもちろん確認しましたもん。
なりすましを疑うなんて当然じゃないですか。
いやでも、もう歳なんで夢を見たと言われれば
それまでっすけどorz
批判に気遣って鍵つけて下さらなくても
無問題ですよー(・∀・) ノシ
自分ですら1か月ぶりくらいに開くブログに
わざわざ4日前のコメ返確認に来ていただけるとは
ありがたい( ̄人 ̄)
ぜひツイの方のアカウントも
お知らせいただきたいものです。





2019年04月19日 (金) | 編集 |


コメありがとうございますー!
TLにも指摘あったんで見に行ったら
いつの間にか公式チェックが外れてて
びっくりしましたわ。
まさか公式が確認せずチェック付けるとは…
いやはや勇み足でしたわお恥ずかしい(^_^;)