FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2015年01月13日 (火) | 編集 |
横山裕 丸山隆平 大倉忠義 渋谷すばる 錦戸亮 安田章大 村上信五

本当はなるべく人目に触れないように
上げようかと思ってたんですけど、
それを通り越えて出来るだけ多くの
ファン、関係者、あわよくば本人達に
ちょっと今一度考えてほしくなって
今日付けで上げます。
名前の列挙とタイトルはエゴサ用。

まず、ツアー自体の感想総括としては。
唯一行った札幌のときにも書いたように
これはもう十祭とワンパックの公演なんやと。
そう思ってしまえば、なんというか、
私には正直あんまし関係ないライブでしたかね。
8estの時の新規さん入門編みたいな要素もなかったし。
そういう意味でも、
関ジャニズムなんて中途半端なオリジナルアルバム、
ほんまに必要やったんかなぁと。
シングルのc/w、ソロ・ユニットbestが
間違いなくリリースとしては正解でしょう。
クルトン的な扱いでRAGE入ってくれてたら完璧やん。
移籍前に出してそれでツアー回るんでよかったんでは?
タイトルそのままやっても違和感ないし。
三十路少年だのAKAKINGソロ扱い問題に
村上さんファンが悩む必要もなかったやろうし。
本来それが妥当な線なのを
移籍が大きく影響して今の状況があるなら
村上さんは相当∞運ないな。もはやそうとでも取らな
やっとられんやろ。
発売当時は感想を控えめにしときましたが
正直諸々いまひとつなアルバムやと
ツアー終わってあらためて思います。
あのユニットそんなよかったですかね?
それこそ十祭で歌われた何曲かや
夜な夜な、二人の花みたいに
後々まで話題になる曲ないと思うわ。
(それ考えるとtornて名曲やな)
話逸れてもうたけど、要するにヘンに
アルバムツアー的位置づけにしてもうたことが
どうにも個人的に消化不良なツアーやったとしか。
前に書いたように
今更無限大やクルマジを歌うのはもう
十祭おまけツアーやからくらいでしか納得できん。
意外と褒められてたLIFEも
私はけっこうコレジャナイ感あったな。
次のアルバムの出来次第では
ツアー参加も見合わせたいくらいの気持ちで今はいます。
言うてもチケット予約がどうせ
アルバム発売より先に来るやろうから
あかんおもて、当選したら譲ります。ホンマに。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック