FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2015年11月30日 (月) | 編集 |
昨日ユニットでちょっと触れたので
関ジャムもまだ観てないし書くことないんで
ヨコヒナのボーカルについての由無しゴトでも。
当然のことながら※個人の見解です。


このブログを書き始めのころに
メンバー各々に歌って欲しい曲を書いたように
基本7人全員の声が嫌いじゃないです。
好きだと言わないのは7人とも好きというほどでもないのでw

歌がヘタとひとことでいうても
ピッチ悪いだけじゃなく、声質が悪い、声量がない、音域がせまい、
滑舌が悪い、異様に低い、異様に高いなどなど
いろいろありますよね。

私は歌のうまいヘタはあんまし重要視しない派なんです。
いわゆるロックはヘタうまなくらいがちょうどエモになったりするし
いい曲をいい声で歌われてもなんも響くものない事が多い。

大事なんは声に合った曲を歌うこと。
関ジャニ∞はことごとくそこを外してくるから腹立つw。
特にヘタといえるヨコヒナにはもっと曲を選べば
声が生きるのになぁともどかしく思っています。
あと他の5人と発声が違い過ぎて
曲によってはただ不快な違和感しかないことがあるから
なんでもかんでも全員のソロパート設けんと
2人が歌わない曲、もっといえば
メインボーカル2人だけがメロ歌って
あとのメンバーはずっとオブリの曲があったっていいのでは、と。
アイドルって職業上、シングルなら
7人の声がソロでほしいいうのは解るけど
アルバムにそこのこだわりうっとうしい。
7人それぞれの声が生きる別々の曲で
サビを全員でユニゾるくらいでええやんと思ってしまいます。

村上さんにはミディアムテンポでメロディアスな曲を
少し高めのキーで。詞は後ろ向きなほどいい。
またははずかしいほどゲロ甘なやつ。
ex.松田聖子「SWEETMEMORIES」
(似て非なる曲BEGIN「恋しくて」も可)

横山さんは80年代アイドル風なポップで
キャッチーなラブソングをあまり張らない感じのキーで。
詞は片想いよりは両想いでハッピー的な。
または女性をインビテーションするような。
ex.アイドル期の田原俊彦の曲ならなんでもイケそうやけど
強いて挙げるなら「チャールストンにはまだ早い」
あとはやっぱ前にも書いたけどTheBaseballBear「GIRLFRIEND

…やばい、ようつべ確認に行って聞きほれてしまったw。
とにかく、まぁ忌憚のない意見を言わせてもらえれば
「馬鹿と鋏は使いよう」

ヨコヒナだけに言えることでなく
7人の声の良さをもっともっと生かしてほしい。
7人揃ってないと嫌、なんて曲、嫌。


タイトルは若き松田聖子の写真見た感想。
今ときたらもう…。









スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック