FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2016年01月23日 (土) | 編集 |
由紀さんの卒業写真を聴いて
ぼろっぼろっ泣いてもうた。
まぁ元々好きな曲なこともあって。
由紀さんくらいの年代の方に歌われると
自分を棚に上げて
おばあちゃんくらいの年齢でも
この歌詞と同じ心境になった時代が確かにあって
それを懐かしむ気持ちがあるんやなって感じられて。
そこをがっつり感情こめて歌うんじゃなく
俯瞰の第三者として…ちょっとちゃうな。
ドラマの主題歌のように
歌詞を想う映像に流れ込むような
さらっとした、それでいて情緒のある声で歌われると
なんかあらためてかわいらしくいじらしい曲やなぁって
しみじみ感動した。

セッションも渋谷さんの声がようやく
ゲストの声に添うようになってきて
これからが楽しみに。
今までは正直ヤンマーふたりの
歌仕事が素晴らしすぎて
セッションが渋谷さんボーカルって知ると
え~ってがっかりしてもうてたから。
演奏もよかったなぁ。ほんまにみんな
うまなってるんちゃう。てか
村上さんはコード譜くらいなら読めるんかしら。
譜面はかっこだけか?←

いまおもたけど
この番組が「クロニクル」(年代記転じて成長記)
あっちのほうが関「ジャム」
(音楽の即興転じて予測不可バラエティ)
って名前のほうがしっくりしだしてる(・∀・) 。





スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック