FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2016年01月26日 (火) | 編集 |
昔確か江口寿史氏が
しりあがり寿氏はあんなに
変態的なマンガを描くのに
会ったら紳士な普通のサラリーマンだった
っていう話を何かでしていて
うわぁそういう人すごく好きだーと思った記憶がある。
所謂ギャップ萌えとは違う
なんていうかなぁ…
気のふれたひとがどんなに感動的な
倒錯した虚構の世界を描いていても
私にはただのタワゴトで
地に足の着いたひとの作品だからこそ
胸に来る感動があるんだと思ったから。

村上さんの誕生日ということで
レコメンテーマに正しく則って←
自分は村上さんのどこが一番
いいとこだと思っているかを
よくよく考えて浮かんだのが上記のことなんだな。

アイドルってどんだけ身近な存在を謳っても
結局はTVの中の世界のひとで
一般の常識からかけ離れた
生活や教養や価値観を持っているんだと思うし
それを悪いことだとも思ってないけども。

村上さんは
長い手足や細身の筋肉質で踊るシルエットが
綺麗な指先で奏でる鍵盤の音が
従来の人懐っこさと努力して得た話術が
人への気遣いが仕事への姿勢が
ふとしたしぐさが歌い方が
(ここぞとばかりにいっぱい詰め込んでみた)
アイドルとしてプロでありながら
ちゃんと秩序ある社会の中で生きている感じがする。

私はたぶん一番そこに感動しているんだと思う。
そこが好きなんだと思う。

…これたぶん言われたことないんちゃう。
まだ誰にも褒められたことないところをほめよう
になってるんちゃう。だめ?だめぽ?




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック