FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2016年06月06日 (月) | 編集 |
正直ねぇ、ちょっと怖かったんですよ。
「JOY」に対する思い入れが
それなりにある身としては。
もしかしたらどえらいことに
なってもうてて、しばらく
関ジャムトラウマになってまうん
ちゃうやろか、とか。

だいぶ余計な心配でしたわ。

もう、亮ちゃーん!!
って叫びそうなりました。
直前コメでの
亮「曲の世界観を壊さないように…」
そうなんっすよ。
この曲やるにはそれがすべてで。
メインを務めた亮ちゃんも
やすばのボーカルも
みんな個性をちゃんと生かして
原曲とまったく違う響きでありながら
聞こえてくるのは
自分が好きな「JOY」そのもので。
泣きましたよ。泣くわこんなもん。
これまたすばるのスタインバーガーが、
あんな音でしたっけ。(←アホ耳)
めっちゃいいじゃないですか!
そんでおくらのドラムはもうほんま、
なんかもうちょっとよすぎて
くやしいですw。ちょっと憎たらしい!
こんな音の中に加えてもらえる
村上さんがうらやましくなりました。
いい体験さしてもうてるなぁ、ほんま。

と、思わず村上さん以外の敬称略
してまうぐらい感動のセッションでした。
ありがとう蔦谷好位置さん!ありがとう関ジャム!






追記:
タイトルはJOYを発売した年の
スペースシャワーTVで
年間MVアワードに選ばれ
曲を歌い終えてYUKIさんが叫んだ言葉です。
そのときのパフォーマンス含め
本当に感動的でした。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック