FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2016年08月11日 (木) | 編集 |
ぱーそん

ごめんよ近所の欲しかった子。
ラス1買ってもうたよ。
やっていっぱい書店回って
疲れたんで…。
公式によれば通販売り切れでも
お取り寄せ可能らしいからご勘弁を。

ほんまはネコロジーとかいう
猫の写真見て心理テストみたい本も
立ち読んで面白かったら買おうとおもてたのに
店頭になかったもんで
予定になかったねことじいちゃんの2巻を購入。
癒しの世界観…(1巻も持ってる)。
いや実はこないだがさつ力と一緒に
飼い猫があなたをころそうとしてるかも的な
ブラックユーモアの漫画を勢いで買うてんけど
正直これがいまひとつすぎてがっかりしてもうて。
やっぱ立ち読むって大事やな、ってw。
通販でジャケ買いとかレビューが良かって
全然趣味じゃないやつにぶつかってまうことが
まぁまぁあるから、猫の本買うときは
慎重にしてたつもりやったのに…。

立ち読んでよかったら基本買うよね?
よっぽどお金ないときは我慢やけど。
立ち読んだからいいやってなるやつて
所詮そんくらいの価値のもんいうことやないのか。

若い子ぉら、いうか
不買SNS借用派にとっての
価値ってなんなんやろうなぁ…。





スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
このインタビューのおかげで普段村上さんが全然本音を話そうとしないときは今回のようにあからさまにwメンバーへの想いへ導こうとする質問のようにある一定の答えを欲しがる編集サイドのやり方を茶化してるいうことが解りました。後半もう心の扉が閉じていく音が聞こえるようでしたもんw。自分がインタビューする側の立場になったから余計にそういうのを感じ取ってしまうんでしょうね。
2016/08/23(Tue) 20:53 | URL  | Re: Aさま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック