FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2017年07月31日 (月) | 編集 |
ところでみなさんは
メトロック以来
セトリ収録アルバムまとめや
アルバム全曲試聴など
いろんな試みをし始めた
インフィニティレコードに対する
信頼は移籍後から回復してますかね?

私は今だ不信感でいっぱいです。

その大きな原因の一つは
「Never Say Never」が
シングルカットされなかったことにあります。

単純に理由がなくないですか?
アルバム発売の後にシングルが
2枚続いたこと過去ありましたよね?
ええ、もう思い出したくもない2014年に。
「オモイダマ」の後に連続は難しいかと
諦めていた「RAGE」のシングル化。
その気持ちを鼻で笑うかのように
秋冬続けて発売された
「CLOVER/言ったじゃないか」と
「がむしゃら行進曲」。
あれ今思っても不自然ですよね。
あのタイミングなら
「言ったじゃないか/がむしゃら行進曲」で
「CLOVER」はアルバム曲のほうが
むしろ自然ですよね。
または「がむしゃら…」を無理に
シングルにする必要もなかったのでは。

よっぽどシングル化したい
理由があったんでしょうね。
(そしてその理由が
「RAGE」にはなかったんでしょうね)

あの時の不自然さにも
今回あたかもアルバムに収録することで
売り上げを伸ばしたい風な
自然の流れに乗る感じにも
怪しさしかないんですけど。

あのときの「RAGE」の悲しさを
またこの「Never Say Never」で
感じることになろうとは。

この曲から放たれる光は
ヒットシングルのまさしくそれなのに。

一見戦略のようで
その実政の匂いしかしない
インフィニティのやり口。

私はスタッフ一掃されない限り
好きにはなれないです。


そしてこの曲が流れるエンディングを
見届けるためだけにでも
映画のチケット代を払う価値があると
本当に思ってます。




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/08/01(Tue) 21:51 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック