FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2013年05月26日 (日) | 編集 |
『メディア露出が「ネットで画像保存した」「ユーチューブで見た」ではあかんのです…媒体が売れる→「関ジャニ載せると売れるならもっと載せよう!」→さらに起用してもらえるようになる! の流れを作らなきゃ…今のエイトはそこが弱い』
※原文そのままではアレかと思い多少いじくりました。内容に違いはないはず※

こんなつぶやきを見かけまして。何度かちょっと触れたことのあるPrivateopinionをも一回まとめますと。
売上や視聴率=起用ですかね。最近そこ微妙な気がする。だって嵐とかもTVの数字意外と持ってないらしいじゃないですか。TOKIOのCDセールスも厳しいし。
結局お茶の間、世間一般への浸透度やないかなぁ。安定した。

別に全然ファンてわけじゃないけど、出ていて苦じゃない、むしろちょっと見ようかな、聴いておこうかな、って気にさせられる。

関ジャニ∞に足りないのはこういう人を抱える力だと思う。

ここで言っておきたいのは私はそれを望んではいないこと。関ジャニ∞がSMAP⇒嵐⇒の流れをくむのは構わんが、その波は主流でなくでっかい支流であってほしい。
サブカルって言葉はあまり好きでないし俗っぽすぎるけど、あらゆるヒットチャートのてっぺんにいる人達より、斜め上を見て愛でているひねくれ者達を∞には抱え込んでいってほしい。

かつてSMAPが外資系レコード店の情報誌の表紙を飾って度胆を抜いたように。

w。きっと10-20代の子は知らないだろうけど、タワレコ雑誌とかの表紙にアイドルが載ることなんて20年前くらいはありえんかったよ。非ヲタ番組のメインMCも、映画評論も、ギャグやノリじゃなく男性アイドルの曲を男性がカラオケで歌う事すら。すべてSMAPがひっくり返してきた歴史がある。
そういう意味でSMAPって存在は本当に大きいものだと思う。

同じエポックメイキングを関ジャニ∞に望むのは、ちょっと夢見すぎかな。SMAPがアイドルをオタクフィギュアからお茶の間の顔へと変革させたように、アイドルがお茶の間の顔からサブカルの雄になっていく様を私は期待してる。

eighterが望む姿でないことはわかってますよ、Privateopinionなんでね。。。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック