FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2013年06月03日 (月) | 編集 |
カテゴリ水増し企画3編目。カテゴリ/マンガ

くらもちふさこ「100年の恋も覚めてしまう」
くもちさんもまぁ歴長いよね。7つ上の姉が学生のときから現役なんやからもう、、、怖いっすw。年齢掘り下げられないっす。
このマンガは、その昔たまたま書店で見かけてひまつぶしに買った豪華本の短編で。何に引っかかって買ったのかも忘れてしまったが。
ざっくりあらすじを言うと、主人公の女の子が、小学校、中学校、高校、とそれぞれ恋をして、その恋が覚める瞬間の話を1話完結で描いてあって、最後の社会人編でいいオチのついた、後読感すっきりほっこりのラブストーリー。人を好きになるって、難しくて単純なこと。深くって些細なこと。誰かに恋をしたくなる小作の名作です。

初恋の男の子の目が離れているって特徴は、エピローグにある作者が奥田民生ファンであることに由来してるようで。以前、トータス松本とユースケサンタマリアをモデルにしたマンガがあると聞いたこともあるんで、どこかに∞のルックスや性格をモデルにしたマンガがあるかもしれんな、と期待してみたり。読んでみたい。

オチにちなんでおくと
横 長いまつげ
雛 上唇のほくろ
昴 眉間のしわ
丸 流し目
安 笑った時の口角
亮 歯並び
倉 唇の形
が、好きです。
そう、まつ毛は亮じゃなく横、唇は横じゃなく倉のが好きナンデスw。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック