FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2018年07月09日 (月) | 編集 |
どうも。
みなが泣きはらした目で
朝を迎えているであろう中
一粒の涙もなく余裕で
残業かましてきたブログこちらです( ˘ω˘ ) 。

むしろさわやか…と言えば語弊はあるけど
なんというか、穏やかな気持ちではあります。

怒涛の渋谷すばるで泣けweekは
LIFEに始まりLIFEに終わる、
まぁ渋谷さんへのはなむけならば
納得のセトリでしたね。
ズッコケや前向きみたいな曲は
ええかっこしいにはあんまり
似つかわしくないいうことでしょう。
ちょっと悔やまれるのは
こんな時にしっくりくる安田さんの曲が
なかったことです。
(All…はちょっとウエットすぎるし
バンドには向いてない。)
ここへきて関ジャニ∞にない曲をと
常に新しい価値を生んでいたことが
裏目に出てしまうとは。
いやほんと真面目に安田さんの曲を
最後に歌ってほしかった。
願わくば渋谷さんはひとりででも
desireを歌い継いでほしいとさえ思います。

やって、ジャムの安田さんの選曲理由がもう。
丸山さんがど直球なんで見逃されがちですけど
安田さんほど強く渋谷すばるの
ボーカルを理解して惚れ込んでるひと
おらんと勝手に思てるんで。
選曲と言えば村上さんのチョイスは
おそらく単純に
「メンバーが選ばないであろう」
セッションやったんじゃないかと思てます。
や、もちろん好きで選んだものでしょうけど
あのひと、何かを選ぶ時の基準て
いつもまず「他のみんなが何を選ぶか」
じゃないですか。
ナンデスラストのごちそうのときから
ほら、村マヨの王様ゲームのテーマんときかて
「このテーマは吉田さんが出すだろう」て
相手の事先に読んでその他なんですよ。
今回むしろUNLOCK選んだことに
おおちょっと自分出してきた!って驚いたくらいです。

あとは、そうっすねぇ。
スカパラとは一回ライブセッションで見たかったんで
めっちゃ満足してますしおすry、LIFEは
Mステ初披露のをネットで見て
あまりのヘタクソさにひっくり返って笑ったことと
ライモンで演った1回目が
あまりにもこなれた守りの演奏で
ちょっとイラっとしたwことを思い出して
これは素直にベストプレイと言えるなと思いましたし
年下のメンバーの気持ちが
ひとりひとり手に取るようにわかって
とてもほほえましかったし
ああ音楽ていいなぁて見てました。

ええそりゃあね
あんなに年下が上を支えようと頑張ってんの見たら
毎度毎度「別れる辛さを隠しきれない僕」ていう
簡単なお仕事してるひとに腹が立たなかったか
と言えば全然ご立腹でしたよ?
あれっしょ普段はおたくさんたち
「やっぱシンメは片方泣いたら
片方は泣かないのねぇ(´;ω;`)」
とか言うてるんですから
こんだけ先泣かれちゃ村上さんかて
泣くに泣けないて結論に
なんでならないんですかねぇ。
何がむらかみくん最後までしっかりしてるぅ
泣くのこらえてるのぐっとくるうぅですか。
いっちゃん年上がラクしとるから
仕事せなしゃあないじゃないですか。
都合のいい性格してんなって
つくづく思いましたわ。

それに、あれですよ。
今週末はもう札幌でしょ?
おたくさんらなんかみんなまだ
昨日の余韻にどっぷり浸かってるみたいけど
覚悟出来てるんですかね。
あ、これつぶやこう…。

余韻に浸ってる方多いけど
覚悟出来てんのかな。
6人のライブを見て
「なんか違う」と感じたら。
盲目的に受け入れる?
一旦保留?
降りることを考える?
よかったと思えたのに
赤い服着た子が
「全然ダメ」て言ってたら
全否定する?
仕方ないと受け流す?
過酷なカウントダウンはもう始まってる。


つぶやいてきた。(リアル実況)

こっからもうきっつい現実ばっかりですから。

ちなみに私は村上さんと安田さんに
めっぽう弱いので、結果が悪くても
1年保留ともう決めています。
ただ今回のツアーにもし
エイトレンジャーがあったら
100点満点中マイナス50はいきますけどね。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック