FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2019年02月17日 (日) | 編集 |
やっとこさ関ジャムの和楽器編観ました。

つぶやきでみなさんが沸いてた
ひなりょの
"いっせーの、せ„を合わせるくだりに
昔スチャダラパーが歌ってた
ポンキッキーズのオープニングジングル
「♪元気ー勇気ー
ポンポポンポポン・キッキーズ!♪」を
初めて聴いたとき
うわぁ若者やんおばちゃんのノリ的には
「ポンポポンポポン・ポンキッキーズ♪」
やねんけどなぁ…orz
ってなったことを思いだしたり
(※boseと私はタメです)

琴のチューニング話のとき
「転調大変じゃないです?」って
村上さんが尋ねたのを見て
鍵盤弾くことでちゃんと音楽の
テクニカルなことへの造詣も
深めていってんねやなぁ…て感動したり

音に対するいつもとは
違う側面からのアプローチが
メンバーの反応も含め新鮮でした。

年代物の笙を当時聴いたかもしれない
秀吉をネタにしげおくんが軽くコントしたとき
喜んで乗っかってる村上さんになんか
イフオアみを感じてしまいましたわ。
27時間のときの創作落語もそうだったように
ああいう史実に基づいたものをどんどん
膨らませてネタにするのが好きなんでしょうね。
公演が続いていたころは軽く
ネタ帳付けるようなこともしてたようですが
今はどうなんでしょうね。
彼の中にそういうストックが貯まって
どこかで披露したい、からの
イフオア再演ってことになれば
こんなうれしいことはないなぁと
ひそかに期待しています。




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック