FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2014年02月23日 (日) | 編集 |
一番売上枚数のある
あのシングルは
その年発売されなかった
ライブツアーの模様を特典として付けた
策略的な偽りの数字だと
見聞きしていて。
今回のシングルで
その数字を塗り替えたいと
躍起になってらっしゃる方が
多いようで。
少ないおこずかいで
1バージョンだけ買うた子も
そんな脅迫みたいな煽りを受けて
無理して買うたり
買えずに心痛めたり
してたりするんやろなぁ。
かわいそうに。
今回ほんまに数字が上回ったとして
何年か先
誰かに今回の曲が代表曲みたいに言われたら
きっと私は
「ああ。策略的な偽りのやつやけどね」
って返事するんやろうな、と思う。


そういうこととはちゃうんですかね。
見たい向こう側の景色は
策略に支えられたものじゃなく
新たな誰かに伝わったものであるべきやないですか。
そんなんで見る景色って
気持ち、いいですかね。
きれいごと、ですかね。










スポンサーサイト



テーマ:関ジャ二∞
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック