FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2014年06月13日 (金) | 編集 |
「あれは“なし”やったのにこれは“あり”なんかい!」
っていう「ブレ」が一番の問題なんだ。

ミスジャッジという敗戦国の監督は別に悪くない。

ただそれに同調して「間違いを犯した」やの
「あってはならないこと」だったやの書きたてる論調と
しゃしゃり出てくる元審判とやらはクソやと思う。

あれを“なし”と初戦の審判が決めたんやから
これからの試合審判陣はそれに従えばいいだけのこと。

くだらない居酒屋の隅で語られるような話を
公共の電波に乗せてくるんじゃないよ。←やす的つっこみ。

あとそれに対して
「日本人を嫌いにならんで」とかつぶやいてる
ミュージシャンにも「カス」の称号をくれてやりたい。
ほんましんどい。




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック