FC2ブログ
紆余曲折を経て今は村上信五さんをゆるっと応援しています。
2014年11月05日 (水) | 編集 |
1曲ずつさらっと感想。呼び方はいつものやつ。でもあんま呼んでない。

EJ☆コースター
チャールストンダンスもあらしなカタカタダンスもかわいいっすよ。確かに。目新しさを求めすぎなんかなぁ。や、∞としては初めてなタッチの曲かしらんが、ジャニーズ的には王道やよねぇ?そこがなんか、いまひとつハマれないっすw。台詞はヤスの「やっぱさぁ、好きやわ」が完璧すぎてホレる。

FUN  FUN  FUN  FUN  FUN  FUN  FUN  FUN 
これ聴くと先回のでぃあさまさまのニセモノ感がw。音の厚みというか一音ずつのチョイスいうかもう、徹頭徹尾かっけー!ブレイクビーツってヤツ?たまらんわ。ヤスは相変わらずラップうまいなー!コレの低音のヒナめっちゃかっこええやん。こんなラップソロでもやればよかったんに!(おこ←)全体を包む楽しいのにだるーい感じがなんともいえん。好き。

三十路少年
TAKOYAKIは好きだったんですが、こ、これは。あまりに散らかりすぎててどうしたもんやら。面白いか否かと問われれば、まるごとすべってるとしか…w。とりあえずライブの腕立てソロだけ楽しみにしてます。あと枕が匂うとかいう歌詞の持つムードや曲調があまりにヒャダインいうかももクロがチラつき過ぎてちょっと。あ、すべってる言うたけど「コンコンコン、コンスタントにコーンスターチ!」は不覚にもちょっとわろてもうた。

Masterpiece
このメロディ部分のどっかで聞いたことあるぞ感なんやっけなぁ。なんか安室ちゃんの「body feels exit」とB’zの「bad communication」を足して2で割ったような。どうにもそこが気になって他あんま入ってこぉへん。けっこう評判よさげですが。ぶっちゃけて言うとあんま好きじゃないw。


昨日も書いたけど「ゆめ」まで行かない途中だから「ゆ」。コーラスのゆ!ゆ!がかわいい。かつそれを入れすぎてダサくしない絶妙なさじ加減!無類のスカ好きの私はもう曲だけで80点やれる(←何様)けど、このBメロのヒナ!すばるが書いたこんな前向きな歌詞をヒナが歌ってるという図式だけで死ねる。ヤス、あんたやっぱ天才や。

おえかき
…どうしたのw?これeighterみんなで歌うかしら。困るw。照れ過ぎる。亮ちゃんの心境を測りかねますが、こんなんもやれるよぉー、いうことで。ことで。

ドヤ顔人生
意外とちゃんとTOKIOの匂いがした。すごいな。このF.O.どうやるんか楽しみ。延々とすばるにブルースハープやりつづけて、あれ、ってなってほしい。


うわ…。ごめんなさい。めっちゃ苦手です。詞が特に。出来るだけ∞にはこの方向に行ってほしくないんだなぁ。明るく楽しく歌われるのはいいんやけど真面目にメッセージソングやられると、ホンマきっついわ。。。

RAGE
昨日も書いたんで別視点の感想。この曲が初出しでリード曲やったら、このアルバムそれだけで100点やれるくらい、新しい∞と言えたのになぁ。こんなかっこいい曲なのに、もったいないわぁ。


ってことで。
アルバム全体の感想で言うと、あー、えー、ホンマの事書いてもいいですかw?
イマイチ、でした。
「JUKEBOX」があまりに素晴らしい出来過ぎた、いうのもあるんでね。新レーベル1発目としては、まぁこんなもんかもないうのもあるけど。
しがらみ的なもんでシングル入れてるんかもしらんが流れが途切れるし、寄せ集め加減半端ないし、急いで作りましたー感が。正直フルオリジナルアルバム出るって聞いてびっくりはしたんですよ。十祭の時のリクエスト集計もあったんでてっきりカップリングベストとかユニットベストとかを未音源入れて出すもんやとおもてたから。ツアーはそれでまわって、オリジナルアルバムはもっとじっくり作り込んでくれてよかったんやけどなぁ。あと、シンガーソングライターなわけじゃないんやからシングルに気持ちの流れが入ってるわけやなし、アルバムにいちいち律儀に入れんでええ思うんやけど。
やや辛口な批評になりましたが、「ゆ」ってでっかい収穫もあったし、ライブで観たいところも確認したいところもたくさんあるんで、ライブ後に聴いたらまた印象変わるかもしれません。とりあえず、いっぱい聴きこみます(`・ω・´)ゞ。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック